35Challenge〜35才から人生を変える!

ライター歴10年余り。35才を機に退職し、以前から大好きだったネイルを学ぶことに。ネイリストをめざす日々のことや、美容、ファッションを中心に綴るブログです。

ピンクのリボン

先日郵便受けを見に行くと、日本ネイリスト検定試験センターからもう秋期の試験要項が送られてきていました。まだ7月の検定の結果出てないよ〜。2級を受験できるように願うばかりです。

今回の2級のアートのテーマが「ピンクのリボン」とのことで。結構前に訓練校の先生から聞いてはいたのですが、昨日要項を見て「こういうことか〜」と納得。ちなみにカラーはピンク系だそうです。

f:id:ttomomix:20170727150340j:plain

 

それにしてもピンクのリボン…普段自分では絶対に選ばないアートだし、セルフでもリボンをモチーフにしたことはありません。いやー難しいな。でもネイリストとして働き始めたら、自分の好みか否かに関わらず、お客様の希望に沿った提案と技術の提供ができないとだめですもんね。

私の好みが好きだ!と言ってくれるお客様が増えていくのを理想にしながらも、いろんなことができるようにならないと。道のりは長い…。

 

まだ7月ですが、もう暑さでバテ気味です。みなさまもお体には気をつけてください。それではまた。

【アート練習】モロッコタイルネイル

今日は帰宅後、チップ1枚だけ作成しました!

昨年ぐらいから?流行しているモロッコタイル柄。

f:id:ttomomix:20170725214852j:image

使用したのはこちら。

f:id:ttomomix:20170725220331j:image

◇ジェリーネイル

ベースジェル

015 indigo

034 pastis

057 carnival star

◇ラピジェル

#227 マシュマロホイップ

Sトップジェル

 

チップのため、ベースジェルは塗らずにスタート。

ジェリーネイルのインディゴをベースジェルで薄め、少しシアーな感じにして2度塗り。

その上にパスティス(黄緑)とカーニバルスター(黄色)でタイダイ柄を描き、硬化。

ラピジェルのマシュマロホイップで細い線を描く。途中で適宜硬化しながら。

ラピジェルのSトップジェルを塗布して硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成!

 

 

私は流行しているしていないに関わらず、ボヘミアンとかオリエンタルとかフォークロアなどと言われるような、わりと個性的なデザインが好きです。このモロッコタイルもかなりツボ。今回はタイダイをベースにしましたが、線で囲われた場所ごとにしっかり塗り分けるデザインも良いと思います。ベースカラーを変えたり、逆フレンチにしたりすればかなり印象が変わりそう。

トーンやパーツを盛り盛りにするよりも、ライナーで細かく書き込むアートが好きなので、そういう意味でもこのデザインは楽しかったです。

 

ジェルは、セルフでジェルをしていた頃に揃えていたジェリーネイルと、職業訓練が始まってから買ったラピジェルを使っています。今後エースジェルやアゲハジェルなど試してみたいジェルがまだたくさん…!

ちなみに筆はラピジェルのものを使っています。

 

同じタイル風のデザインで、今度はトルコタイルのデザインもやってみたいです。それではまた。

ネイルを学び始めて感動したこと

週末はジェルでチップ作成に取り組んでいました。

 

デニム

f:id:ttomomix:20170724173120j:plain

フリンジ

f:id:ttomomix:20170724173128j:plain

 

デザインは雑誌やPinterestなどを参考にしています。

もう、めちゃくちゃ肩が凝ります…。でも楽しい!

 

 

さてセルフネイル歴20年ほどの私ですが、

職業訓練でネイルを学び始めてとっっっても感動したことがあります。

それは「ネイルケア」。

特にキューティクル周りを美しく整えると、ポリッシュやジェルを塗ったときに見栄えが良くなるのはもちろん、塗る側としても非常に塗りやすいんです。

セルフでもきちんとしている方もいるかもしれませんが、

私はせいぜいキューティクルオイルを塗って、プッシュアップする程度でした。(それでもやらないよりは全然マシ)。

たぶん、美容雑誌やファッション誌の美容ページでも、自分でできるネイルケアとして紹介されているのはその辺りまでだと思います。

 

訓練で学んだのは、検定の内容にもあるネイルケアです。

特にキューティクルニッパーを使って、いらない角質やささくれなどを除去するクリーンナップを行うと、爪がグンと美しく見えます。

もちろんこれから生えてくる爪を健やかに育てることにもなります!

他人の爪にニッパーという刃物をあてる行為は、緊張の連続です。

でもこれができてこそプロなんだなと実感しました。

 

これまでは、繊細で美しいアートを施したり、斬新なデザインを生みだしたりするのがネイリストだと思っていました。

それももちろん大切なことですが、美しいアートのための土台づくりもネイリストにとって重要な仕事だと強く思います。

 

仕事柄ネイルができない方や、色はのせたくない方、あるいは男性にも、ケアは本当におすすめです。

キューティクル周りが整うと、手自体が美しく清潔に見えますし、それを見れば自然と気分も良くなります。

 

訓練に通うまでは、漠然とネイルの仕事がしたいと思っていましたが、プロとしてきちんとケアを提供できるネイリストになりたいと思うようになりました。

それだけでも、訓練に通った価値アリですね。それではまた。

 

ネイリストをめざすまで

ネイルのプロになりたい!と、行動を起こしたのは今年に入ってからですが、私がネイルに興味をもち始めたのは中学校を卒業する頃でした。

 

今でこそ小学生の頃からメイクする子どももいるみたいですが、私の世代であれば小学校を卒業したぐらいからメイクやネイルに興味をもち始め、実際にできるのは高校生になってから…という人が多かったのではないかと思います。

 

私は私服通学で校則のない高校に通っていたため、いつもポリッシュを塗って通学していました。安いポリッシュなら高校生のお小遣いでも買えたので、すごい勢いで本数が増えていったのを覚えています。すぐに「ただ塗るだけ」には飽きてしまい、雑誌でネイルアートの方法を見ながらいろいろ試していました。

幸い、もともと手先が器用なほうだったこともあり、グラデーションやマーブルなどいろんなことができるようになるのが楽しすぎて、ネイルってなんておもしろい世界なんだ!とハマりまくり。また、同じ塗るなら手を綺麗に見せたいとも考え始め、フリーエッジが出ないようにパツパツに切っていた爪を伸ばしてファイルで綺麗に整え、高校を卒業する頃には甘皮周りのケアもするようになりました。

大学生になっても週に1回、週末には必ずポリッシュオフ〜アートまで行い、常に爪には色がある状態で過ごしてきました。

 

では、そんなにネイルが好きなのに、なぜ若い頃にネイリストをめざさなかったのか?

ひとつは、ネイリストという職業が今ほど身近な時代ではなかったこと。私がいわゆる進路選択をしたのは90年代の終わりですが、その頃は雑誌で見る「ネイルアーティスト」は芸能人御用達の方々でした。ネイルサロンもちらほら増えていたものの、今と比べると値段が恐ろしく高く、普通の高校生や大学生には通えない場所。また、スカルプの派手なイメージが先行し、ネイルサロンは怖いとも思っていたんです。

そしてもうひとつ。こっちのほうが大きな理由かも。高校がまあまあの進学校で、大学以外に進学するという選択肢すら自分の中になかったということ。当時はほかになりたい職業があり、そのために大学に進学し、大学でも普通に就職活動をしたため、ネイルを仕事にしようとは思っていませんでした。

 

職業選択に「ネイル」が入ったのは、新卒で入った会社の仕事がまったく合わず、1年で退職することを決めたとき。

これから何をするかと考え、選択肢が2つ出てきました。1つはネイル。もう1つは文章を書く仕事。ここでも私は、ネイルへは進みませんでした。1年で辞めた会社は、普通に就活をした人なら誰もが知っている大手企業。もちろん辞めたくて辞めたのですが、プライドはズタズタでした。だからまずは会社員としてちゃんと働きたいと思ったんです。ネイルは好きだけど、大学まで出してもらった手前、このタイミングで美容業界に行くなんて親に言えない…そんな気持ちもありました。

それから10年以上、広告業界で文章を書く仕事、いわゆるコピーライターをしていました。文章を書くことも小さい頃から好きだったので、これはこれで希望がかなったわけです。広告の仕事は楽しかったし、勤めていた会社も大好きでした。しかし、毎年同じようなことを繰り返している中で、30歳を過ぎた頃から、このまま10年20年と過ごす想像はできないなぁ…とぼんやり思うように。そこでまた「ネイル」が頭の中をちらつき始めました。

そして35歳を目前に、異業種への転身はギリギリだと判断して広告会社を退職。今度は本気でネイルをやりたい!と初めて覚悟を決め、職業訓練でネイルを学んでいるところです。

この10何年間も、ネイルはずっとしていました。ネイルサロンが庶民にもようやく手が届くようになり、ジェルがすごい勢いで進歩した10年だったと思います。私は28歳のとき、ポリッシュを卒業。数年間サロンに通い、ここ2年ほどは自分でジェルをしていました。

 

今は訓練中で、毎日練習で爪を使うため、中学生以来の素爪で過ごしています。毎日の練習は難しいことも多いけどとても楽しく、もうちょっと早くこの道を選べばよかったかなと思うこともしばしば。まだまだ身につけなければいけないことが山積みですが、頑張って乗り越えます。

 

長い自分語り失礼いたしました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。それではまた。 

【自己紹介】はじめまして

はじめまして。tomoと申します。

 

35才という年齢を機に、若い頃から大好きだったネイルの世界に飛び込みました。

このブログでは、まったくの異業種からネイリストをめざす日々を中心に綴っていこうと考えています。使う用具のことや、アートの方法などはもちろん、就職・転職活動や仕事に対する思いなども紹介していけたらと思います。

 

ネイリストをめざす日々は現在進行形。去る7月16日、ネイル技能検定3級の試験を受けてきました。結果発表は8月半ば。合格したところでプロにはまだまだですが、この受験でようやく一歩踏み出した実感があります。まだまだ、練習あるのみ。

 

私の場合はネイリストですが、幅広く異業種への転身を考えていらっしゃる方にも、共感していただけるようなブログにしていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。それではまた。